飲食店への導入利用におすすめ!予約管理・顧客管理システム比較5選!【評判の予約台帳システムを厳選】

飲食店の予約・顧客管理システムを導入するとどのような効果が出る?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/06/28

近年飲食店などで予約・顧客管理システムを導入するところが多くなっています。

予約・顧客管理システムを導入することで様々な効果が期待できますが、今回はネット予約との連動について詳しく紹介したいと思います。

 

 

ネット予約には2種類が存在する

ネット予約と一言でいっても、グルメサイトと契約して利用できるネット予約サービス(グルメサイト予約)と、予約・顧客管理システムが提供するネット予約受付フォーム(自社ネット予約)の、大きく2種類があります。

グルメサイト経由でネット予約を行うメリットは、新規顧客に対する露出を増やすことで、お店を知ってもらえる可能性が増えるという点です。逆にデメリットとしては、広告掲載費用に加えてネット予約の申込人数ごとに送客手数料が発生するため、予約が増えれば増えるほど、お店の費用負担も大きくなってしまうという点があります。

特に最近では、送客手数料だけで月に十数万円も請求されるケースなど、費用が年々増加していく傾向にあります。また、グルメサイトごとに独自の「ポイントシステム」を提供している場合も多いですが、自店舗だけでなくどの掲載店舗でもポイント利用ができるため、リピート来店率アップにはつながりにくいのが現状です。

予約・顧客管理システムが提供する自社ネット予約のメリット・デメリットは、ちょうどこの反対で、ホームページなどから誘導を行う必要があるので「店舗名」で検索してもらった場合は自社ネット予約への誘導が可能ですが、店舗名を知らない新規のお客様の場合、自社ネット予約への誘導は難しくなります。

一方で、予約ごとの送客手数料は不要なため、電話の代わりにネット予約を利用したいお客様が増えたとしても、費用がどんどん増えてしまう心配がありません。一度ご来店いただいたお客様に対して上手く自社ネット予約へ誘導する告知を行うことで、コストを抑えた形で、ネット予約を活用することが可能になります。

例えば自社ネット予約ページのURLをQRコードで出力してショップカードに印刷して配布する、SNSを活用して自社ネット予約ページをフォロワーに告知する、Googleビジネスアカウントを編集して検索結果に表示される店舗情報から自社ネット予約ページへ誘導する、といった方法があります。

これまで電話だけで予約を受付していた場合、忙しくて電話に出ることができなければお客様が他のお店に逃げてしまう場合もあるかもしれません。24時間ネット予約を可能にして予約受付の間口を広げておくことで、そうした心配がなくなります。

 

ネット予約を台帳に登録しやすい

予約・顧客管理システムでは、各グルメサイトから申し込まれるネット予約を予約台帳に簡単に登録できる仕組みが備わっています。この機能を活用することで、メールやFAXで送られてくる予約情報を、手書きで予約台帳に書き写す手間がなくなり、転記ミスなどの心配もなくなります。

電話からの予約とネットからの予約をひとつの予約台帳で一元管理できることで、ダブルブッキングが起きるリスクも減らすことができます。システムによっては、複数のグルメサイトのネット予約在庫を一括管理してくれるものもあります。

特定のグルメサイトからネット予約が申し込まれた際に、自動的に他のグルメサイトのネット予約在庫を減らすことができ、ネット予約の受付数を自動的にコントロールすることができます。

ただし、非公式に各グルメサイトと連携を行っている場合が大半なので、グルメサイト側のシステム改修によって突然連携ができなくなり、ネット予約の内容が台帳に反映されずに予約の登録漏れが起きる、などの危険性もありますので、利用時には注意が必要です。

 

自社ネット予約を増やす仕組みを考えよう

予約・顧客管理システムが提供する自社ネット予約については、グルメサイトのネット予約と異なり、送客手数料が発生しません。そのため、グルメサイトへの依存度を低く抑えるためにも、自社ネット予約の活用は重要となります。

特に、客単価の高い高級店では1送客あたりの売上も大きくなりますのでそれほど気にならないかもしれませんが、一般的なお店では、1人数百円のコストが重なると大きな負担になります。こうした負担を少しでも軽減していくための自衛策として、自社ネット予約の活用は必要不可欠です。

自社ネット予約は費用面でのメリットのほかにも、予約・顧客管理システムと連動しているため申込時にお客様が入力したご予約名や連絡先、予約日時、人数といった情報が、すべて自動的に予約台帳に登録されます。電話口でお客様と会話をしながら予約台帳に予約内容を入力していく手間がなくなりますので、新規予約の登録がより確実に、スピーディーになります。

満席の日は自動的に自社ネット予約の受付が停止され、予約台帳に空席がある日だけ自社ネット予約での予約の受付が可能になりますので、電話予約さえしっかり予約台帳に登録していれば、100%ダブルブッキングの心配もありません。顧客管理とも連動していますので、お申込時にお客様が入力したお名前や電話番号、メールアドレスなどの情報が、自動的にお店の資産として蓄積されていきます。

取得したメールアドレスを活用してメール配信などを行えば、更なる来店率アップも可能になるでしょう。グルメサイト予約がどちらかというと「新規顧客の獲得」に力を入れているのに対して、自社ネット予約は「リピート来店率アップ」を実現するためのツールだということができます。

 

自社ネット予約については、これまでもホームページに「お問い合わせフォーム」などを設置して受付を行っている店舗もありましたが、予約・顧客管理システムが提供する自社ネット予約を活用することで、たくさんのメリットを得ることができます。

ネット予約の比率が高まっていますので、こうしたシステムの活用はお客様にとっての利便性アップにもつながります。海外からのお客様も増えており、日本語だけでなく外国語でも予約受付ができる仕組みをもっておくと、より多くの予約獲得にもつながります。

予約・顧客管理システムを導入することで実現できる、ネット予約との連動メリットについてご紹介しました。

おすすめ関連記事




サイト内検索
予約管理・顧客管理システムランキング!
第2位 トレタ
トレタの画像
第3位 ebica
ebicaの画像
ぐるなび台帳の画像
ヨヤクノートの画像
第9位 Open Table
Open Tableの画像
記事一覧