飲食店への導入利用におすすめ!予約管理・顧客管理システム比較5選!【評判の予約台帳システムを厳選】

飲食店の予約・顧客管理システムを導入するにはどれくらいの料金がかかる?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/07/01

飲食店を運営する上で、予約管理や顧客管理が非常に重要なことは言うまでもありません。

特にリピート来店率アップに欠かせないのが顧客管理システムですが、いざ導入を試みようとすると料金など気になる点はたくさんあります。

ここでは顧客満足度を上げ、質の高い接客をおこなうためにはどのようなシステムをどれくらいの費用で導入すべきかを解説します。

 

飲食店向け顧客管理システムとはどんなもの?

飲食店に限らず店舗では予約管理と顧客管理が必須ですが、予約・顧客管理システムを導入することでこの2つが統合して管理できるようになります。一度でも予約をしてくれたお客様はきちんと顧客データベースで管理すべきですので、基本的に予約管理は顧客管理に直結しています。

なぜ顧客を管理する必要があるかと言えば、店舗の売上や収益を拡大するためには顧客満足度をアップして、お客様に「また来ていただく」ことが必須だからです。リピート来店率が低いお店は、売上を維持するために常に「新規顧客」を開拓し続けなければなりませんが、一度来店いただいたお客様が2回目、3回目と繰り返し来店していただけるお店では、新規顧客の比率を抑えることができます。

大都市の駅近店舗では放っておいても次々新規顧客が入ってくれるかもしれませんが、一般のお店では新規顧客だけに頼った集客では、いずれ息切れしてしまい、開店時には賑わっていた店舗も数年で空席が目立つお店になってしまいます。売上を維持して繁盛店を目指すためには、リピート来店率アップのための顧客管理システムが重要になります。

顧客管理システムは「CRM」とも呼ばれますが、顧客の利用履歴や属性情報などを保存して、スタッフ全員で共有できることで、お客様へのサービスに活用することができる仕組みのことです。飲食店向けの予約・顧客管理システムでは、予約台帳に予約を登録することで、お名前と電話番号をキーとして自動的に顧客情報が蓄積されていきます。

予約登録時に入力したお客様からの要望やアレルギー情報などが自動的に保存されますので、次回ご予約時には前回までの予約情報を参照しながら、お客様への提案やサービスができるようになります。来店回数やキャンセル回数なども自動的にカウントされますので、今まで見えていなかった「常連様」の情報が見える化でき、経験の浅いスタッフの方でも共有できることがメリットとなります。

店舗電話と連動できるCTI機能が利用できるCRMであれば、着信と同時にお客様の情報がiPadやパソコンの画面上に自動表示されますので、電話口でのおもてなしを強化して、お客様のお店に対する印象も大きくアップすることができます。

以前にご利用いただいたことのあるお客様が再度予約をおこなう際、同じ情報を何度も店側に伝えなくて良いことは満足度アップにつながります。「同じことを訊かれる」というのは誰にとっても愉快なことではありませんし、大事にされていないと感じると不満につながりやすいでしょう。

もちろん店舗としては常に新規顧客の獲得に努力しなければなりませんが、それは既存客を大事にしてこそ成り立つものです。CRMの導入は繁盛店を目指すためにとてもメリットがあります。

 

クラウド型のメリットと費用感

それではさっそく実際にCRMを導入した場合、どれほどの費用がかかるか費用面について解説します。一般的なITシステムにはクラウド型とパッケージ型(オンプレミス型)とがありますが、この違いを理解する必要があります。

クラウド型とは簡単に言えばインターネットを通じてデータを管理する方式です。パッケージ型は契約ごとに専用のサーバーを必要とし、特定サーバーの中でデータを管理する方式です。

クラウド型は自分でサーバー管理を行う必要がないため、専門性の高いスタッフが社内にいなくても簡単にシステムを導入することができます。またバージョンアップもインターネット経由で自動的に行われるなど利便性も高いため、飲食店向けのCRMではクラウド型が主流になっており、パッケージ型のシステムはあまり導入されていません。

クラウド型ではパソコンやiPadなどインターネットに接続できる端末があればすぐに利用開始できますので、初期投資がほとんど必要なく、リーズナブルに導入できるのも大きな魅力でしょう。基本機能に加えて様々な機能がオプションで利用できるため、店舗でどのように運用したいかをはっきりさせておく必要があるでしょう。

CRMを効果的に運用するのに必要なのは、なぜそれを導入するのか目的を明確にすることです。リピート来店率をアップするために、どのような機能があると自店舗にとってメリットが高いのかを検討しましょう。

CRMの料金相場としては、初期費用は無料から数万円といったところです。月額費用は導入店舗数によっても異なりますが、1店舗あたり1万円~2万円あたりが相場と言えます。

一度サービスを導入すると一定期間解約ができなくなる「最低利用期間」にも注意が必要です。3ヶ月~1年くらいが最低利用期間としては一般的ですが、長いものだと2年以上というサービスもあります。

 

お客様へアプローチして「攻めの顧客管理」を

一般的な飲食店向け予約・顧客管理システムでは、予約時に予約台帳に登録した情報を蓄積して、次回予約を登録しようとした際に電話番号を入力するとお客様情報が表示される仕組みとなっているため、電話がかかってきた時点ではだれからの電話なのかはわかりません。

電話連動(CTI)機能が提供されているサービスであれば、電話がかかってくると同時にお客様の情報をiPadやパソコンの画面上で確認できますので、常連のお客様に対して「○○様、いつもお世話になっております」とお名前での声がけが可能になります。

名前で呼ばれたお客様は「自分のことを覚えてくれている」という満足感から、「また次も利用してみようかな」と思っていただける可能性が高くなります。また、お客様からのご連絡を待っているだけでなく、ハガキやDM、メール配信などを利用してお客様へ「アプローチできる」サービスも登場しています。

何年も予約台帳に予約を入力して顧客情報を蓄積していても、集客につながらなければあまり意味はありません。予約・顧客管理システムを導入することで常連のお客様を「見える化」するだけでなく、積極的に来店を促すアプローチを行うことで、リピート来店率アップを実現しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
予約管理・顧客管理システムランキング!
第2位 トレタ
トレタの画像
第3位 ebica
ebicaの画像
ぐるなび台帳の画像
ヨヤクノートの画像
第9位 Open Table
Open Tableの画像
記事一覧