飲食店への導入利用におすすめ!予約管理・顧客管理システム比較5選!【評判の予約台帳システムを厳選】

質の高い常連客を作るには

公開日:2019/11/06  

質の高い常連客を作るには

グルメサイトに有料掲載し、高額な経費を毎月投じることで一定数の新規顧客を獲得することは可能になります。しかしその方たちは何もしなければお店に定着せず、よりおトクなクーポンを求めて他店へと流れていく。これでは飲食店でいちばん経営が安定する経営モデル「質の高い常連客が安定して通ってくれるお店」の実現は難しいのではないでしょうか。
 
■ メインにすべきはあくまでも「質の高い常連客」

新規のお客さまはとても大事です。でも、いちばん大事なのは、せっかくご来店いただいたお客様に2回目、3回目と繰り返し来店していただいて、「質の高い常連客」に育てていくことです。せっかくシステムを導入するのであれば、目指すべきは質の高い常連客づくりであるべきです。

■「予約管理・顧客管理システム」で常連客を増やそう

そのために欠かせないのが「飲食店向けの予約管理・顧客管理システム」の導入なんです。お客様へアプローチできる機能をを備えたものを選択しましょう

■「予約管理・顧客管理システム」で業務効率化しよう

予約台帳を紙からシステムに切り替える際に心配なのが、「パソコン操作は苦手なので、予約登録がうまくできないのではないか?」という点ですCTI(電話連動)機能がある予約管理システムなら、予約登録時の電話番号入力が不要になるので、入力ミスなどの心配もありません。

それどころか、手書きによる乱筆が無くなり、読めない・誤読などが原因の予約ミスも軽減されます。

■ 自前のネット予約ページが標準利用できる

ほとんどの予約管理・顧客管理システムが標準で提供するネット予約ページを利用すれば、グルメサイトの従量課金に悩まされずに済みます。予約台帳と連動して、空席のある日だけネット予約することができます。

さらに、お客さまが最初に入力した内容がそのまま予約台帳に反映されるため、あとから手入力する必要もありません。

■ 顧客管理とサービスが行き届く

予約台帳にご予約を登録すると、ご予約名と電話番号から、顧客台帳を自動的に作成してくれます。自動的に来店回数・キャンセル回数などもカウントしてくれるので、これまで見落としていた常連のお客様を「見える化」して、お客さまへの細やかなサービスを実現できるようになります。

常連のお客様を大切にできることで、結果としてさらに常連客を増やすことにもつながるでしょう。もはや予約ノートに手書きしている場合ではありませんよね。

常連のお客さまを増やすために、ぜひ予約管理・顧客管理システムの導入を検討してください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
予約管理・顧客管理システムランキング!
第2位 トレタ
トレタの画像
第3位 ebica
ebicaの画像
記事一覧